azublog
見えないチカラを味方につけ 、理想の自分をクリエイトする生き方
ジムニーシエラ

【実戦】ジムニーjb74にtjmシュノーケルを完全装備【取り付け方を紹介】

シュノーケルでの悩み

ジムニーjb74にtjmエアインテークシュノーケルを自分で取り付けたい!

でも取り付け方が日本のサイトにほとんどない!

誰か取り付けた人がいたら情報を下さい💦

ということで、ジムニーjb74用のシュノーケル「tjmエアインテークシュノーケル」を入手しましたが、

購入したシュノーケルの取り付け情報が日本では紹介がありませんでした。。

そこで、私が海外の動画やサイトで調べ、実際取り付けてみて上手くできたので、みなさんにシェアすることにしました

シュノーケルについてのメリットデメリットなど、取り付け前に知っておきたい情報も公開中です👇

【ジムニーにシュノーケルを付けたい!】カスタム前に素朴な疑問や車検について調査 シュノーケル装備検討中のazu ジムニーにシュノーケルってかっこいいけど、どんな効果があるの?防水効果や車検についても知りたい。。 ...

ジムニーjb74にtjmシュノーケルの取り付け方

既存部品の取り外し作業

運転席側のフェンダーを外す

マイナスドライバーでフェンダーについているピンを外していきます。

フェンダーとフロントバンパーを繋げる接合部に2ヶ所のボルトがあるので、10mmのレンチで軽く緩めて外していきます。

フェンダーをしっかり持って徐々に外します。

タイヤハウス内のフェンダーライナーを外す

フェンダーライナーは8か所のピンで付いています。マイナスドライバーでピンを外します。

右下の方は、ピン以外のパーツと繋がっていたので外していません。

シュノーケル
取り付け中azu

ピンの外し方のコツは以前の記事に紹介中!なかなか外せない方はこの記事をチェック👇

【初心者】ジムニーシエラJB74フロントバンパーとフェンダーの取り外してみた 小豆ちゃん ジムニーシエラのフロントバンパー・フェンダーを取り外したい! やり方を教えてほしいなぁ。。あと必要な道具や注意点も誰...

ウィンカーランプを外す

穴を開けるのでウィンカーランプを取り外します。接合部に爪があるので、しっかり押さえて外します

ボディーの穴あけ作業

養生をし型紙を貼る

付属の型紙をハサミでカットします

周囲を傷つけないために養生をします

養生ができたら、ガイドラインに沿って付属の型紙を貼ります

型紙の円の中心部にセンターポンチで溝をつける


型紙には14mmの穴が5ヶ所、67mmの穴が1か所あります。

円の中心にセンターポンチで溝を作り穴を開けやすくします。

ボディーに14mmと67mmの穴を空ける

センターポンチの溝に合わせ、3mmドリルで小さな穴を開けます。


14mmの穴はステップドリルを使い、14mmまで広げていきます。

67mm穴は家庭用電動ドリルでは空きません💦

そのため、円状に3mmドリルで下穴を開けることにしました。。

そしてホールソーで穴をあけることができました💦💦

ホールソーだとバリが出ないので後処理が楽です。

バリ取り

写真のよりもう少し細いタイプが良いです

切断部はバリが出ていて危険なので、金属用のヤスリなどで断面を滑らかにします。

タッチアップまたは錆止め処理をする

隠れて見えなくなりますが、一応修正します


キズが気になったので、ホルツのカラータッチアップペンで傷を修正しました。こちらの商品は錆止め効果もあるそうです!

シュノーケル
取り付け中azu

シエラjb74ブラック色はZJ3番です。

同じ色番号だとかなり目立ちませんよ

こちらもホルツの錆止めを使用しました


さらに錆止めを塗ります。

今回使用したホルツの錆止めは粘着質があるため、ボルトなどの溝には塗布しないでください

硬化でねじ山が無くなり、ナットが閉まらなくなります

シュノーケル
取り付け中azu

これで穴あけ作業と処理が完了✌

シュノーケル本体を仮固定していく

既存の給気口を外す

エンジンルームに給気口があるので、ホースを残し既存のパーツのボルトを10mmレンチで外します

ホースの接合部は、マイナスドライバーをねじり込みながら引っ張ると取れました。

付属樹脂パーツを取り付ける

シュノーケル本体と一緒に付いてきた「付属樹脂パーツ」を、タイヤハウス側からねじり込むように入れ、67mmの穴から出るようにセットします。

シュノーケル
取り付け中azu

このパーツはシュノーケル本体と、エアクリーナーボックスから出ているホースの間を繋ぐためのエアダクトだよ

付属樹脂パーツをエアインテークホースと繋げる

エアクリボックスから出ているエアインテークホースと付属の樹脂パーツを仮接続する

写真にあるように、付属のステンレスバンドをホースにひっかけておくと後が楽です

シュノーケルを仮固定する

補足

67mmの穴からでているこちらのエアダクト

ツラまでカットしないとシュノーケル本体がセットできませんでした💦なので細かい刃のノコギリでカットしましたっ。。


そしてシュノーケル本体をセットし、付属のナットで軽く仮止めをします。

ピラーにステーを取り付ける

ステーの位置を決め、取り付ける

本体を仮固定したら、ピラー側のシュノーケル接合部に「付属のステー」のボルトを使い六角レンチで仮固定します。

養生をして位置を決めたら、ペンで印をつけます。

ピラー穴あけ作業

仮固定したシュノーケル本体をいったん取り外します。

印を付けた所にセンターポンチで溝を作り、3mmドリルで穴を開け、8ミリまで広げ、バリ取りと錆止めをして処理をします。

穴にアンカーをセットし防水処理をする

付属のアンカーにシーリング剤を塗布し開けた穴に防水処理をします。

防水処理をした穴にアンカーをセットし、ゴムハンマーで軽く叩きながら固定します。

ホルツのブラックシーラーは硬化時間に約4時間かかります周りに付いたとしても、布巾でふき取ることができます

硬化すると完全に黒いゴム状になります

付属のステーをピラーに固定する

防水処理をしたネジ穴に、付属のステーをセットし電動ドリルを使ってネジで固定します。

シュノーケル
取り付け中azu

これでピラー側のステーの取り付けがが完了したよ!!

エンジンルームのインテークホースを固定する

仮接続していたエンジンルームのエアインテークホースとダクト樹脂パーツの接合部を、ステンレスバンドで固定します

シュノーケル
取り付け中azu

ステンレスバンドはマイナスドライバーで締付けができるよ

さらに付属の鉄板をボディーに10mmレンチで固定し、先ほど締め付けたダクトホースと鉄板をプラスチックバンドで固定しガタツキを防止します。

シュノーケル
取り付け中azu

これでエンジンルームのインテークホースの取り付けが完了✨ 

シュノーケルを取り付ける

シュノーケル本体とエアダクト接合部には、空気の漏れを防ぐためシーリング剤を塗布します。

シーリング剤が硬化すると、おそらく再度取り外しができない可能性が高いです

シュノーケル本体に付属していたナットとワッシャーを使い13mmレンチで固定します

シュノーケル
取り付け中azu

かなり狭い所で締付けるので、トルクレンチは使えないよ!

ここが結構大変💦


ピラー側も六角で固定します


シュノーケルの頭の部分を被せ、付属の黒いステンレスバンドで固定します

シュノーケル
取り付け中azu

これで完了!!なんとか出来た✨

確認作業

最後に、シュノーケル先端から空気が吸われているか確認するため、少しアクセルを踏んでみます

シュノーケル
取り付け中azu

先端に手をかざし、空気の吸い付きを感じられたら大成功!!

まとめ

今回はジムニーjb74に「tmjエアインテークシュノーケル」を自分で取り付けたかったのですが、日本のサイトではあまり詳しく紹介している方がいなかったので、

自分なりに海外のサイトを調べまとめて実践してみました。

フェンダー・タイヤハウス内を外し、ボディーに穴を開けたり、エンジンルームをいじったり結構大変ですが、素人でもなんとか取り付けることができました。

しかし、14mmや67mmの穴をボディーに開けることは非常に危険であり、傷を付けたり、穴がズレたり、取り返しの付かないリスクがともないます。

カスタムする際は安全第一自己責任でお願いします。

日本語サイトでは今現在どこにも紹介されてなかったので、参考になったら嬉しいです!

では次回のカスタムをお楽しみ✨